とよブロ

自動車業界経験情報誌/バイク/仕事/人生観

スマホ画面割れました

もくじ

❚モラルのないUber配達員はまだまだいます

f:id:GOldduck:20201230000010p:plain

昨日は久々に気合を入れて昼前からガッツリUber活動を行いました。

しかし年末に差し掛かっている事と、平日という事もあるのでしょうか。ほぼ常時オンライン状態を維持していたのにも関わらず、夕方までの注文件数が普段に比べて少なすぎました。

 

時間帯によっては1時間程度も鳴らない時も。

 

夕方過ぎ頃。この日は日中とても暖かい日でして、いつもよりは少ないながらも他のUber配達員の姿もチラホラ見かけました。

ゆったりと安全重視でいつも通りの配送を行っていると、同業種・同排気量のバイクが狭い住宅街で猛スピードで追い抜かしていきました。

 

こんなに狭い住宅街の道路であんなに危険な運転をするなんて...。

やはりUber配達員には一定数の悪質な配達員がいますね。確実に。

Uber側も配達員のモラル向上の為に、配送時は大きなナンバーをバッグに取り付ける等の対応策を義務付けて欲しいものです。※悪質な配達員を通報し易くするためとか

 

あと同業としては身だしなみや扱う道具があまりにもだらしない方が多い気がしています。逆に自分がお客さんの立場に立って考えると、だらしない恰好をして、ボロボロのバッグや梱包材を使って食材を運んで欲しくないなぁと思ってしまいます。

 

Uberはあくまで個人事業主としての業務体系となりますが、システム提供側であるUber運営はもう少し配達員に対して監視・管理・教育を徹底して欲しいですね。

 

❚稼ぎにいって損失を出してしまうと言う愚行

f:id:GOldduck:20201230000413p:plain

配達に欠かせないスマホ。Uberで活動する為にはスマホは欠かせない必需品のひとつです。

 

管理人は普段お客様とのやり取りの中で、現金支払いに対応する為のウェストポーチに一時的にスマホを収納する事があります。

このポーチのポケットにスマホを入れたまま移動するとスマホが落下し易く、これまでにプライベート使用を含めて何度も落下させてしまっています。

 

管理人の扱うGalaxy S9は局面ディスプレイで、保護フィルムが貼りづらかった事や、強化ゴリラガラスな事もあって、保護フィルム等は一切貼り付けていませんでした。

が、これまでに画面が割れた事は一度もありませんでした。

 

同じ強化ゴリラガラスを使用しているiPhoneでは多数画面割れの口コミが寄せられている中、割れやすい曲面ディスプレイにも関わらず画面が割れにくいGalaxyの構造は驚嘆に値するでしょう。

 

でも、昨日配達中に落下させてしまった時に、ついに画面にヒビが入りました...。

稼ぎに出向いて損失を出してしまうという...。

 

幸い深部にダメージはない様で、操作自体は問題ない様です。が、やはりこのままメインで使い続けるのに漏電リスク等、少々懸念が生じます。

 

まぁバッテリーを入れ替えて3年近く使用していましたし、無数のアプリを活用している中で本気のバッテリー性能に限界を感じていて、機種変更を考えていたので丁度いい機会と言えばそうなのですが、やはりちょっぴり悲しいものですねw

 

❚次の端末もGalaxyシリーズにするべきか

f:id:GOldduck:20201230000110p:plain

画像情報元:

Galaxy(ギャラクシー)ホーム - Galaxy公式(日本)

 

Galaxyシリーズはトータルパフォーマンス的には現行販売されているAndroid機種の中でもトップクラスの性能を誇っていると思います。カメラ機能等、突出した部分は他機種に劣る部分もあるものの、性能バランスの安定性に関しては抜群です。

 

そこで販売元によっては約5万程度で購入可能なS10、S10+の購入を以前から検討していましたが、ひとつ問題がありました。それは

 

バッテリー問題です。

 

Galaxyシリーズは機種によっては大容量バッテリーを搭載する機種こそあれ、高性能な為かバッテリーの持続性能に関しては評価が得られていませんでした。

S10+のバッテリーは4000mAhもの大容量ながらも、それよりも容量の低いGoogleのPixelシリーズやiPhoneシリーズに比べてバッテリーの持ちが悪い口コミが多いです。

 

カメラ画質はそこまで重視してないし、動画撮影はDJI Pocket2があるし、必要なのはそこそこ高性能なCPU処理能力と、安定性、バッテリー性能。

で、考えるとコスパ面も考慮してのベストバイがこれ

f:id:GOldduck:20201230000301p:plain

画像情報元:

Xiaomi Japan

 

世界シェアNo3?に急成長している中国Xiaomi Redmi Note9s。

64GB/4Gメモリーモデルで約2万円前後の超コスパ。より快適に使用したい方には128GB/6GBメモリーで約3万円弱モデルもある様子。

 

防水機能、おサイフ機能などはありませんが、5000mAhもの大容量バッテリー搭載で、消費電力も少なく、とにかくバッテリー持ちに関する評価が高い製品です。

CPUもsnapdragon720Gを搭載し、S9の845Gよりも下のクラスですが、通常利用では体感にそこまで違いは感じられない様子。

何よりこの性能で圧倒的なコスパに惹かれまくってますw

 

どの道、早々に代替機種を用意しなくてはならないので、次のYahoo!ショッピングのイベント時にでも注文しようかなぁ。

 

しかしあれですね。どんなに高価で高性能なスマホを所有していても、落下による画面割れ。これがあるからハイエンドスマホの購入はちょっと考えちゃうんですよね。

画面割れの修理費は大手キャリア等の補償プランに加入していればまだ修理検討出来る範囲なのですが、補償対象外だと買いなおした方が良かったりするくらいに高額修理になる場合が多いです。

 

日常使用が当たり前になったスマホ。雑に扱いがちですが、大切に使っていきたいですね。